トップページ >> 気を遣う結婚式の席次表

気を遣う結婚式の席次表

結婚はおめでたいことですし、たくさんの人にお祝いしてもらいたいものです。結婚式には多くの人が親戚を始め、会社の同僚や友人を招待します。しかし、招待するのはいいものの、新郎新婦には気を遣うことがたくさんあります。席次表もその一つです。親戚同士間でも人間関係の善し悪しがあるかもしれません。確執があるような人同士を同じテーブルにするわけにはいきません。友人も地元の友人と学生時代の友人では異なります。遠方から一人で参加してくれる友人もいるかもしれません。人数の都合で同じテーブルになる時は了解を得ながら慎重に決める必要があります。子ども同伴のゲストにはいつでも式場備え付けのベイビールームなどに行けるよう施設の場所を把握して配慮も必要です。席次表一つだけでもこれほど気を遣うものですが、良い結婚式にするための通過点です。

結婚式席次表を手作りしました

今年結婚式を挙げ、その際の席次表は手作りしました。2人で紙はどうしようか、デザインはどうしようか、席次表にプロフィールとか付けてみようかなど、ワイワイと話しながら楽しく作成することが出来ました。私たちは、まずネットショッピングで30枚で5000円程度のものを購入しました。その後、自宅のパソコンでワードを用いてせっせと皆の名前とテーブルの図を作り、印刷しました。名前の漢字間違いなどには十分に気を付けました。また、席次表だけでなくいらしてくださったお礼の挨拶と、ちょっとした自分たちのプロフィールも載せておきました。手作りはやはり式が終わった後も愛着がもて、大事に思い出としてとっておくことができます。時間がかかったり、考えたり苦労もあるかと思うのですが、自分でつくってみることも楽しみかと思います。

結婚式の手づくり席次表

結婚式で手作りのペーパーアイテムは、手間暇がかかるという点で敬遠されることが多くあるかと思います。ただでさえ、準備で忙しいのでそこまで手を回すのは時間的制約もあるかと思いますし、気苦労もあるかもしれません。しかし、もし自分たちで手作りをしたら、自分たちのオリジナリティを出せたり、式後もその物に対する愛着が持て、飾ってみたり、良い思い出になります。私は今年結婚したのですが、その際、席次表を手作りで作成しました。紙はネットで購入し、それに付属していたテンプレートを元に作成しました。印刷はA3用紙だったので手間はかかりましたが、プリント以外はテンプレートのおかげでスムーズに作成でき、見た目も十分手作り感のない雰囲気のものができました。作成期間は1週間ないくらい。作業は仕事おわりにちょこちょこおこなったくらいです。手作りも良い思い出になりますし、案外と手間も少ないのでチャレンジしてみても楽しかったです。